ハンター藻蟹の狩猟ノススメ

色々明るいことを吐き出すブログ

オンラインの憂鬱

ネットワークプレイで人を集めるとつくづく変な人が来ることが多い。
これは現在の4Gに言えることだが、どうにも同じレベル(進行度)の人間で集まっても経験や力量の差が出てきてしまうのである。自分から見ると「これも出来ないのか…」と変に思うのであるが出来ない側は未プレイ、つまり無知なのである。その人間を責めるのはお門違いとと言うか、やっちゃいけないことだとはわかっている。

オンラインゲームは情報量が命とも言われる。何が強く何が弱いか。何をすれば勝てるのか。何を怠ると負けるのか。こういった情報をなんらかの手段で仕入れないといけないのが例えばMHFなんかである。
MH4以降の家庭用ゲーム向けモンハンも、少しずつだがこの側面が出てきつつあるために下調べを少しはやっておくべきと言われるようになっている。
昔のモンハンより動きが細かく、多彩になったので「戦いの中で覚える」ことが難しくなっている。
であれば、「対処法などを予習しておいて現地で確かめる」方式を取ればいいのだがその予習を怠る人間はやはり多い。
「初見で楽しみたい」のも分かるしそれはそれでいいのだが、例えば強化個体に挑む時や効率が優先される時などにお気楽気分で行こうとすれば顰蹙を買うのは間違いない。

「不特定多数の中から無作為に選ばれた他人」と一緒にプレイする中では「周りに迷惑をかけないようにする」という考え方の下プレイするのが好ましい。
例えば面と向かって話せるリアルでの狩り友やオンラインのフレンドであれば至らない点を教えあうことができる。
それが出来ないor憚られる他人とのプレイでは配慮が出来てることを望むしかないのだが……

しかし要求しすぎるのもまたゲームとしての面白さを損なう要因ではある。
その手の不確定要素を嫌う「効率厨」とも呼ばれるグループなら別だが、基本的に求めるべきは最低限のマナーと礼儀くらいかもしれない。
例えばG級にハンターナイフで挑むのはともかくとしても、多少弱い装備であるとかスキルが噛み合っていないとかマイナススキルがあるとか、その程度は許容するべきなのである。
むしろ強力な装備を振りかざしている人間が味方プレイヤーを罵倒したり、不当な理由なくキックするなどの「他人への礼儀」を軽視する人間こそ本来は避けるべきであるしキックアウトしたくなるものである。

とはいえいつも2乙3乙するような人間を抱えて難関クエストには行きたくないし……



いろいろ考えなければいけない分、オンラインは憂鬱である。

ハンティングとは遠い世界

同人という世界に1つ高くそびえる巨塔がある。

東方Project

即売会と呼ばれるイベントー例えばコミケだがーでこの東方Projectというゲームシリーズ、そしてそれに関する二次創作物が数多く頒布されている。
中には有名な漫画のパロディがあったり、それこそ東方×モンハンの本が確かなかったではないはず。
モンハン単体の本もいくつか出ている。
(主にR18だが……)

そんな、いつものハンティングとは違う世界の中から私が唯一他人に勧めたいサークルさん。

少女フラクタル

少女フラクタルさんは先に挙げた東方Projectの二次創作物のうち「ボーカルアレンジ」の分野で活動する方々である。
同人の「ボーカルアレンジ」というとあまり馴染みがない人も多いと思うが、同人の世界は本だけでなくCDあるいはPCゲーム、アナログゲームなどにも広がっている。
東方のボーカルアレンジは原作ゲームのBGMに歌詞とそれに合わせた大幅なアレンジを加えて作られた歌、曲のことを指す。
これはモンハンで言えば「英雄の証」なんかに歌詞をつけてアレンジするということ。
例えば「咆哮」が原作BGMなら「舞い降りる伝説」が二次創作物、ボーカルアレンジにもあたる。

つまり彼女らは立派なアーティスト、歌手である。

勧めると言いつつここでは詳しい紹介をあえて避けておく。
あのサークルさんは言葉で説明できる範囲に収まらないくらいにはすごいサークルだと自分が思ってるので……
私の語彙力が足りない?何のことやら……


なぜ今日こんな記事を書いているかというと、本日は東方の同人誌即売会「秋季例大祭」が開催されたからである。
少女フラクタルの新譜「無邪気と言う名の正義」も頒布されてた。無論買った。


言葉に収まらないとは言ったけど、タグを作ってしまった以上ちょびちょびこの場で宣伝していくかもしれないので名前だけ紹介……

なおボーカルの1人、天宮みやさんはモンハンプレイヤー。


大してハンティングから遠くない世界でした。

我らの団、そして龍歴院での戦果と色々

以前のMH4Gデータでは普通に古文書まで終わり、ミラ系なんかとの連戦に明け暮れていた。
ギルクエは目も向けなかったと思う。

時は流れ、思い出の故郷ポッケ村への帰還。始まりの地ココットへ降り立つ。そして懐かしきユクモの門を叩き、新たな地ベルナを歩く。
ここで出会うは、一生を共にする伴侶にして絶対無二の相棒。そう。

ブルーアイズホワイト(殴

※ブルーアイズホワイト(ドラゴン)とは
青眼の白竜。漫画またはそれを原作とするアニメシリーズ「遊戯王」に登場するモンスターカード。
主人公のライバルである海馬瀬人が切り札とするカードであり、彼の異様な執着心(というか愛)によりブルーアイズはファンから「(海馬の)嫁」と称される。



ではなく
煌竜剣

ココットの英雄から受け取るそれの圧倒的な力、またはその美しさ。なのに飾らない風格。あるいは完成された美に対して見劣りしないパワーとのバランス。
これに惚れた結果
追憶のココットの桜を見に、MHPを始める。
煌竜剣の伝説を追ったら、帰ってきたときにはMHXはニャンターに蹂躙されていた……

ゴルドン、アンキセス、ブロウド、エリック。
ブーメラン猫と呼ばれる編成でかつ私の中ではそこそこ高レベルの仕上がり。

※「エリック」の名前の由来
ゴッドイーター」に出てくる「エリック・デア=フォーゲルヴァイデ」から。
彼は初登場ムービーで、戦場で悠長に自己紹介した後オウガテイル(モンハンでいうランポス)に不意打ちをくらい死亡。
ゲームの世界の厳しさを教えるムービーのはずなのにファンからは笑いしか起きない。

彼らに任せて、某氏の足跡を追い再びバルバレへ。
なおMHXは全ノーマルクエストをクリアしていた(DLクエは未完)

現在はG級の前に村クエスト上位をさくさくと。

こんな感じで、一角竜を退けたりして頑張ってます。

ハンター藻蟹、いわゆる無鉄砲

モンスターハンター

CAPCOM社から発売されているハンティングアクションゲーム、あるいはそのシリーズ。

 

そんなハンティングの世界に飛び込んで数年になる

藻蟹

というハンターです。

名前の由来は知り合いから呼ばれていたあだ名からなので特に関係ないです。

 

某氏に影響されたのとそれ以外の「モンハンについて吐き出す場所が欲しい」という理由からこっそり開設。

あくまでこっそりとです。

 

f:id:AlgaeCrab:20161015221601j:image

 

 

例えばこの「

あるいはハンター諸氏にはおなじみの「ハンターナイフ」とその強化版「オデッセイ

「妃竜砲」や「アルバレスト」といったなるべくシンプルな武器を愛しつつ日夜アホみたいな激闘を繰り広げています。

 

f:id:AlgaeCrab:20161015221855j:image

 

先日もこの通り、伝説の黒龍を征したわけですけど、膨大な経験と知恵、力を持った先人たちにはおそらく叶わないレベルであります。

 

使用武器は片手剣がメイン。あるいはメイン格に昇格しつつあるのがランス。

武器デザインだけで使うヘビィボウガンを筆頭に、笛とガンス、斧系と操虫棍以外は何とか使えるレベルで使い分けるスタイルです。

 

もしこれを読んでる人がいれば、適当には更新しますのでまた立ち寄っていただければ幸いかと。

 

 

最後に。

このブログでは筆者の別の好きなゲームについても話をするかも。

タグ付けされてる「WarRobots」やモンハンに類似したハンティングアクションゴッドイーター」や何やかんや。

あるいは私の好きな(アイドル?)グループ(正確にはサークル)「少女フラクタル」なんかについても書くかと思いますが宜しくお願いします。

 

 

めちゃくちゃ文章拙い……