ハンター藻蟹の狩猟ノススメ

色々明るいことを吐き出すブログ

過去の栄光だったもの【前編】

煌竜剣

といえば


まあ私の中では唯一絶対にして最高のかっこよさと性能を誇る片手剣、として認識している。
煌竜剣を知ったのはMHXなのだが、その影響で前にわざわざMHPを買ったのだ。
煌竜剣が使いたいだけならXでもP2Gでもなんでもいいはずだが、とにかくMHPである。

もちろん、煌竜剣デビューの作品にして最強だった頃の作品なので。
と、いうわけで以前やっていたMHPを久しぶりに先日プレイしてみた。
もっぱら某氏とのMH4Gも出来ていないのでこの所はXばかりやっていたのだが、どうにもやりようが違う。
例えば片手剣は抜刀アイテム使用ができないし、大剣は溜め斬りが出来ない。ランスのカウンターなどもってのほかである。
シビレ罠はないし、アイテムボックスは3ページしかないから足りないし、こんがり肉の安定供給などできないから焼く必要があるし、閃光玉は支給用がなかったからドスランポスのクエストの支給品が閃光玉で持ち帰れたし、リオレウスの低空行動なんてないし、乗りはないし、森丘はだいぶ違うというか名前が「森と丘」だし……




これだけあげると旧型の古臭くてダメな部分をあげてるように見えるが、こんな点でも自分がMHPを惚れ込んだ理由である。
ココットの音楽は綺麗だし旧砂漠はまだマシなフィールドだし、あとは煌竜剣。

と、その良さを語るのはまた後にしておこう。
中古なら安いし、今が買い時。
イベントクエストが欲しい人は、希望に添える組み合わせかともかく、ネット上のセーブデータに上書きして始めるのも手。ただし改造の有無は気をつけること。

プレイに戻る。
私がまず作りたかったのは見た目と性能で抜群の性能を誇るある太刀。



いや、大剣。
それが

天上天下無双刀

黒くなった「骨刀」なのだが、やけにかっこいい。厨二言うな
近年の作品では普通には見かけることができないので、旧来の作品でしか手に入らないのである。(発掘武器?知らんな)
物理性能最強であり、まさに天の上にも並ぶもののない性能ではあるのだが、いかんせんその素材が鬼畜である

黒龍の剛翼×4
黒龍の邪眼×4
角竜の堅甲×5

この黒龍の邪眼がネックで、当時の仕様を説明するとミラボレアスは撃退を繰り返して討伐する仕組みである。
撃退の際に部位破壊されて、次回から部位破壊された姿で現れるのだが

1回目:無傷
↓眼が破壊
2回目:眼が壊れている
↓:角が欠ける
3回目:眼と角の一部が破壊されている
↓角の完全破壊(何故か報酬は翼類)
4回目:角が大きく破損、眼も壊れている
↓翼膜と胸が破壊
5回目:眼、角、翼、胸の全てが壊れる
↓討伐、剥ぎ取り
1回目に戻る……

とまあ、面倒な仕様である。

ここで気をつけたいのは眼の破壊報酬でしか邪眼がでない事。
そして、高確率で「黒龍の眼」が出る事。



ああん?



1回目撃退→出なかったらリセットを繰り返せば1個は出るにしても、それを4個分もやらなければいけないこの苦労……
しかも1個出るたびに残り4回の手順を踏んで討伐しなければいけない……


辛い。


そこで、新兵器を開発することにした。
ドスランポスやらでテーブルを回してついに出た

封龍剣【超絶一門】

この超兵器を手に入れてからの話は後編へ……